屋根工事

軽くて地震にも強い板金屋根への葺き替え工事を承ります。

板金材の屋根は瓦屋根に比べ、重さが1/10以下と軽く、柱、梁等の加重負担を軽減します。冬期は更に雪が積もりますので、日本瓦の場合、25坪の屋根面積で1mの積雪があると、瓦と雪の重さでおよそ11トンも屋根に乗っている状態になります。
他にも見た目は瓦なのですが、金属材をプレス成型をしている金属瓦や、新建材で作った軽い瓦ROOGAなどもあります。

Flow工事内容・手順

before

Case1:金属屋根への葺き替え工事

古くなった屋根を剥ぎ取ることで、下地をチェックして腐食部分を取り替えたり、断熱性を高める工事をオプションで施工することができます。瓦から軽い板金屋根への葺き替えも可能です。

after

工事手順

  1. 既存の屋根をはがし、下地の確認をします。痛んでいるところを取替ます。
  2. 下葺き材のルーフィングというアスファルトの防水シートを敷き込みます。
  3. 板金屋根材を葺いて完成です。
before

Case2:カバーリング工法

工場の屋根など、面積の大きい屋根で工期が数日になってしまう等の場合、今の屋根をほとんどはがさずに新しい屋根をかぶせるカバーリングという工法で工事をします。

after

工事手順

  1. 今ある屋根をそのままに、吊子という固定金具を取り付けます。
  2. 古い屋根からのもらい錆びを防ぐ処置をした屋根材を葺いて完成です。

屋根勾配にあった工法

屋根は、その屋根勾配にあった工法を適材適所で施工をしないと、雨漏りの原因になります。また施工技術、知識や経験がものをいう世界です。間違った材料を、間違った手法で施工をすると、簡単に雨漏りが発生しやすくなります。

ba ba

Price標準的な工事費用

金属屋根への葺き替え工事

屋根等の状況にもよりますが、瓦から金属屋根の横葺タイプへの葺き替え工事で、屋根面積80㎡とすると工事価格の目安は、カラーGL鋼板で120万円前後、カラーステンレス鋼板で150万円前後となります。
車が2台入る程度の大きさの車庫の屋根の葺き替えで、金属屋根から金属屋根への工事の場合、およそ40万円~50万円が目安となります。

カバーリング工法

屋根等の状況や面積にもよりますが、0.4厚のカラーGL鋼板のカバーリング工事で、屋根面積200㎡とすると工事価格の目安は、150万円前後となります。

強風で飛んだ屋根の復旧工事

風で屋根や雨といが飛んだ、飛んできた物で外壁に穴が開いたなどの工事は火災保険等から見舞金、共済金が受けられる場合があります。雪で雨といが曲がった、壊れた、屋根が折れてしまったなどの場合も同様です。詳しくはご契約の保険会社にご相談いただく形になりますが、どちらにせよ被害見積が必要となりますので、保険会社に連絡すると同時に、まずは私たちにご一報ください。

Contactお気軽にお見積もり・
ご相談ください。

page top