Blog

長持ちとコスパを重視!ガルバリウム鋼板の屋根をリフォームする場合について解説 屋根

はじめに、ガルバリウム鋼板は屋根リフォームに適した素材ですが、一部の注意点があります。
特にメンテナンスフリーというわけではなく、定期的な塗り替えやサビ対策が必要です。
ここでは、ガルバリウム鋼板の特性とメンテナンスの必要性について解説します。

□ガルバリウム鋼板の基本とメンテナンス必要性

1:ガルバリウム鋼板の耐久性と軽量性

ガルバリウム鋼板は、軽量でありながら高い耐久性を持っています。
そのため、建築物の負担を軽減し、長期的に使用することが可能です。

2:サビにくいがメンテナンスは必要

ガルバリウム鋼板はサビにくい材料として知られていますが、それはあくまで相対的なもので、サビが発生しないわけではありません。
特に塗膜が劣化したり、損傷がある場合はサビのリスクが高まったりするため、定期的な塗り替えや損傷部の修理が必要です。

3:メンテナンスのポイント

・色あせやチョーキング(粉状の劣化)が見られた場合は、塗り替えが必要です。
これにより、鋼板の保護を確実に行い、長期的な耐久性を維持できます。

・サビや傷が進行している場合には、部分的な修理や張り替えが必要になります。
特にサビは、素材が直接外部環境にさらされた場合に進行するため、早期の対応が重要です。

*メンテナンスフリーではないことの強調

多くの場合、ガルバリウム鋼板はメンテナンスフリーとされていますが、完全にメンテナンスが不要なわけではありません。
定期的な点検と適切なメンテナンスを行うことで、その性能を長く保てます。

□ガルバリウム鋼板屋根のリフォーム費用と見積もりポイント

1:リフォーム費用の相場感

ガルバリウム鋼板屋根の塗装リフォームには一定の費用がかかります。
費用の範囲は大体40万円から100万円とされており、その詳細な内訳は塗料の種類や必要な下処理、足場の設置に依存します。
質の高い塗料や、広範な補修が必要な場合、費用は上限に近づく傾向があります。

2:カバー工法によるリフォーム

カバー工法は、既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねる方法です。
この方法の費用は50万円から150万円で、断熱性の向上や新たな屋根材による長期保護が期待できます。
また、この方法は既存の屋根がどのような材料であっても施工が可能です。

3:葺き替えリフォーム

葺き替えリフォームは、屋根全体を新しい材料で完全に置き換えることです。
これは最もコストがかかる方法であり、費用は50万円から250万円まで幅広く、屋根の状態によって異なります。
全体的な構造の弱点を改善する最も根本的な対策とされています。

□まとめ

ガルバリウム鋼板はメンテナンスの手間を減らす優れた材料ですが、無視できないメンテナンスの必要性があります。
リフォーム時には、長期的な視点でコストパフォーマンスを考えることが求められます。
適切なメンテナンスと合理的なリフォーム方法の選択により、ガルバリウム鋼板の持つ潜在的な価値を最大限に引き出せるでしょう。

Contactお気軽にお見積もり・
ご相談ください。

page top